ISO22000の認証取得について

世の中には沢山の基準が設けられており、そして、その代表格といっていいほどのものがISOとされています。多種多様なISOの中でも特に生活の安全に繋がっているISO22000、これは一体どういうものなのかについて紹介いたします。

ISO22000とは食の安全を保証するもの

ISOはスイスのジュネーブに本部をおいている国際標準化機構のことをいい、ここで定められた規格をISO規格といいます。モノ規格といってクレジットカードのサイズなどを決めているもの、情報の管理に関してのISOなどさまざまなものが番号別で振り分けられており、大中小企業問わずその認証取得をしています。ここで紹介するのはISO22000、これは一体どういうものなのかというと、これは食品関連のISOです。結果出来たがったものではなく、これは食品の製造や管理のプロセスをさしており、これで認証取得し食品は国際基準レベルの管理は製造管理がされている、といった証明にすることができます。我々の生活にも大きく関わる食品関連、ここで何かしらの事故が起きてしまうと大惨事になってしまいます。

特に今はメディアの発達により、インターネットでさまざまな情報が素早く流れます。そんな社会で万が一にでも製造管理にずさんな部分がでてしまい、そして流通の最中に思いもよらないトラブルがあった場合、しっかり意思表明をする必要があります。その意思表明においても重要な役割を果たすのがISO22000で、これをもとに製造管理している食品は課題をあぶりだしやすく、そしてその後改訂、修正のうえ二度とトラブルが起こらないように社内全体にそれを浸透させやすくなります。認証取得は今、管理を徹底されている現代社会においてどんな企業でも取引相手などからも求められて取得を急がれている背景もあります。

それゆえに、いま大企業だけではなく中小企業も認証取得を目指しており、活発化しています。しかし自分の企業でも問題なく取得できるのか?どういう風に取得すればいいのか?これを具体的に把握できる人は少ないものとされています。先人がたくさんいるものなので、それを真似すればいい、という考え方も否定しませんが、それではどうしても効率の悪いISO22000認証取得になってしまう可能性があるので要注意です。そうならないようにするためにも、ぜひ一度ISOコンサルタントに相談の上、認証取得を考えるのがおすすめとなっています。

ISOコンサルタントについて

ISOについてわからない部分が多い!そんなときはぜひISOコンサルタントに相談をおすすめいたします。ISOコンサルタントはその方によって受け付けている仕事の内容が異なりますが、よく見られるのはISO認証取得において必要な手続きしまるまる代行してもらえる場合もあれば、それについてのアドバイスを貰うだけにとどめることも可能です。そして中にはISOの作成自体に指導をしてくれるところもありますので、認証取得の際に非常に参考になります。初めて作る場合はどうしてもわかりにくいISOになり、ISO22000も同様です。審査の通らないISO22000を作ってしまう前に、しっかり指導を受けてから審査に出す、というのは有効な手とされています。

ISO22000認証取得は難しいの?

ISO22000は工夫やコツは必要ですが、そこまで難易度が高いものではない、とされています。そして認証取得が重要なのではなく、あくまでそれで設定したサイクルが会社にあっており、そしてそれがうまく機能しているかが大事なのです。そしてそれは一回で上手くいく、というものではないので今後も修正や改訂をするものとして作る必要があります。ISO22000のほかにFSSC22000というものがありますが、こちらは中小企業にとって少々ハードルが高いです。審査期間もですが、ISOよりも衛生管理の部分の難易度があがるので、最初から取得を目指すのは大変なものとされています。

ISO22000の認証取得も労力が必要ですが、もし今後FSSCの取得も目指すのであれば最初のステップとしてISO22000の取得がおすすめです。これを取得しておけば今後FSSC22000へとグレードアップする時に、衛生面の部分を向上させるだけなので、比較的簡単な修正、改訂ですむようになります。まずはISO22000を取得してからFSSC22000の取得をする、そうした順序を勧められることは多いので、ぜひ実行をおすすめいたします。

いいISOの作り方

ISO22000認証取得がゴールではなく、きちんと有効なものを作らないとそれは返上の可能性だってあります。そしてこのときに気を付けておきたいのがマニュアルの分量です。ここで失敗してしまうとどうしてもうまくいかないので要注意です。ありがちなのが10cmにもなりそうな厚さのマニュアルですが、それでは読むのに一カ月以上かかってしまいます。しかももし読めたとしても結局重要な部分で実行するべき部分はなんなのか、と聞いても答えられない人が殆どです。また必要な情報を取り出すのも難しい、そんなマニュアルになってしまいます。これだけの厚さですとまず目を通す段階で挫折してしまう可能性のほうが高い上に、今後修正や改訂をする場合であってもその分量では修正する側も大変です。

ではどんなマニュアル作成するのがいいのかといいますと、やはりコンパクトにおさまるものを作るのが一番なのです。大体ページ数は50P以下におさまるもの、基本的に30P台でおさめることができる、というケースはとても多いです。その分量ですと社員が目を通しやすく、研修などを設ければより用いやすい、そしてそれを通して社員全員に共有しやすい……そんなメリットがある上に、改訂や修正の場合でもその作業を行いやすく、そのうえまた共有が簡単です。分厚くしないとISO22000の認証取得はできない、という誤解がよく見られますが、そんなことはけしてなく、薄くても適切な内容になっていれば認証取得は可能です。

まとめるというのが少々難しいので、そこはコツが必要ですが、それも基礎さえしっかり固めてしまえば簡単とされています。ですがそのきっかけが欲しい、そんな場合はぜひISOコンサルタントに相談がおすすめです。コンサルタントの中にはコンパクトにおさまるISOの作成を指導している人もいるので、ぜひ実用的なISO取得のためにも相談をおすすめいたします。誰にとっても簡単、と思えるような分量はメリットばかり、逆に分量が過剰なものはデメリットしかないのです。そうならないようにするためにも相談がおすすめとなっています。

ISO22000についてのまとめ

ISO22000認証取得は対外的アピール、そして社内改善に役立ちます。そうしたメリットから認証取得をしても、その分量などを間違えてしまうと実用的ではないものになってしまい、その結果返上という結果になる可能性がありますので要注意です。そうならないようにし、そして実用的なものを用意するためにはどうすればいいのか?しっかりまとめられた文書を用意できるようにすると、やはりそこにはメリットが多いのです。

とはいえ内容を省いていいというものではないので、抜け目なくしっかりと必要なことを書いていく、うまくまとめていくなどのコツを得る必要がでてきます。そんなときはコンサルタントに相談がおすすめで、審査が通るよくまとまった、そんな文書作成の指導を受けることだって可能です。分厚い誰にも読まれない、共有しにくいものを用意するのではなく、最大限実用できる目を通しやすいものを用意する、それが可能になれば改善を繰り返して課題をこなしていくにつれて、目指すべき顧客満足度の達成を目指せるものとされています。